ばね指の手術・症状の解説

ばね指の手術・治療について:当サイトではバネ指の段階的な症状、手術内容に関する情報を専門に解説しております。

【乳幼児・子供のばね指の症状・治療法】

乳幼児・子供のばね指について

 ばね指は成人女性に多く発症する傾向にありますが、稀に乳幼児や子供にも発症するケースが見られます。

 これらの子供のばね指は使いすぎなどの原因ではなく
●先天的要因
 が大きな発症原因として考えられております。

 尚、乳幼児や子供のばね指の発症の90%以上は
●母指(親指)
 に発症し、部位的には指の付け根が大半のケースを占めます。

乳幼児のばね指の特徴について

 乳幼児がばね指を発症するケースでは、成人のばね指症状と異なる症状を発症するケースが確認されております。

 中でも、乳幼児のばね指では、指の軟骨組織が固まってしまうことによって
●関節そのものが動かなくなるケース
 も確認されております。

 この関節内の組織が硬直してしまう症状を、その症状の特徴から
●剛直指(ごうちょくし)
 と呼びますが、この剛直指は乳幼児のばれ指症状で見られる最大の特徴です。

乳幼児・子供のばね指の治療法について

 乳幼児・子供のばね指の治療は基本的に、指を強制的に伸ばした状態を装具などで維持する
●装具療法
 と呼ばれる治療を行っていきます。

 尚、乳幼児や子供のバネ指の装具などによる保存療法の完治率は
●約50%以上
 と成人と比較しても完治率が非常に高い傾向にあります。