ばね指の手術・症状の解説

ばね指の手術・治療について:当サイトではバネ指の段階的な症状、手術内容に関する情報を専門に解説しております。

手術後のリハビリテーションについて

ばね指のリハビリテーションについて

 ばね指の手術後は、リハビリが非常に重要な要素を占めます。

 これは、ばね指を発症している場合、通常長年にわたり
●指の運動
 が制限されている事から、筋肉や腱が軟弱化している事が考えられる為です。

 手術後、指関節を不必要に安静にしていると
●固まって動きが悪くなる
●関節自身の拘縮が生じる
 などの症状を発症する可能性もありますから、ばね指の手術を行った場合は、
●手術の翌日
 からすぐに指のリハビリ運動を開始する事になります。

リハビリテーション期間について

 手術後のリハビリにおいては、切開部位が合わさるまでは、軽い指の運動にとどめる事が重要です。

 尚、3度以上の症状を発症していた場合は、完全な指の屈曲動作が可能になるまでには、
●3ヶ月程度
 の治療期間を必要とします。

 ですから、この間は我慢強くリハビリを続けることが重要となるのです。

可動範囲の低下を予防する

 手術を行った病院でリハビリを実践するケースでは専用の医療機器を使用しながらリハビリを実践していくケースもあります。

 治療院などでは
●渦流浴
 によるリハビリを行うことが多く、水流を使用したリハビリ運動を行います。

 リハビリ段階では指の関節の可動域、可動範囲の低減を抑制する為に、少しずつ運動量を増やしていくことが大切です。