ばね指の手術・症状の解説

ばね指の手術・治療について:当サイトではバネ指の段階的な症状、手術内容に関する情報を専門に解説しております。

ばね指の手術【サイトマップ】

進行レベル1ばね指の症状について
 ばね指は、その症状の度合いによって3段階に進行レベルを分けて考える事が出来ます。現在ばね指の症状でお悩みの方は、まず現在の自分の…(続きを見る)

ばね指の自覚症状の特徴について
 ばね指の「進行レベル1」では、ばね指の初期段階にあたる段階です。指に違和感を感じたり、軽い痛みを自覚症状として体感するのが特徴…(続きを見る)

進行レベル1・第一期症状の特徴一覧
 以下第一期症状の特徴を簡潔にまとめましたので、自分の自覚症状と合わせて確認してみましょう…(続きを見る)

ばね指の症状:第二期症状
 ばね指は、前項で解説したとおり、その症状の発症そのものに気づいていないケースが多い点が問題となります。ですから初期症状の段階で…(続きを見る)

ばね指発症後半年以上経過しているケース
 ばね指の進行レベル2では、ばね指の症状が発症後、半年~数年を経過している状態です…(続きを見る)

進行レベル2・第二期症状の特徴一覧
 ばね指の第二期症状の特徴を簡潔にまとめましたので、自分の自覚症状と合わせて確認してみましょう…(続きを見る)

日常生活範囲の運動に支障をきたす段階
 ばね指の進行レベル3では、障害の初期症状の発症から数年以上を経過しているケースが大半…(続きを見る)

手術療法以外での回復は見込めない段階
 ばね指の進行が進んだこの段階では、指の関節の患部はすでに慢性的な炎症に侵されております…(続きを見る)

進行レベル3・第三期症状の特徴一覧
 ばね指の第三期症状の特徴を簡潔にまとめましたので、自分の自覚症状と合わせて確認してみましょう…(続きを見る)

ばね指とドゥケルバン腱鞘炎の違い
 ばね指とは、何らかの原因で指の腱の屈筋腱(くっきんけん)に異常が生じる事によって発生する障害です。ここで言われる屈筋腱…(続きを見る)

ドゥケルバン腱鞘炎について
 ばね指とは、上記で解説したとおり指の腱の「屈筋腱」に異常が生じる事によって発生する障害です。対して伸筋腱の腱鞘炎障害は…(続きを見る)

ドゥケルバン腱鞘炎の特徴について
 ドゥケルバン腱鞘炎の最大の特徴は手首の関節に腫れ症状が見られる点です。この腫れは…(続きを見る)

ばね指の2つの手術方法
 バネ指の手術には大きく分けて2つの手術方法が存在します。第三期段階のばね指では、手術療法以外に回復の見込みは薄い為…(続きを見る)

ばね指の腱鞘切開手術の内容について
 ばね指の治療の際、保存療法で効果が現れない場合は、基本的に手術療法を検討する事となります。ばね指の手術では基本的に腱鞘の切開…(続きを見る)

手術療法による完治率について
 腱鞘切開手術では、直接皮膚を切開し、手術を行います。この際に、屈筋腱の癒着…(続きを見る)

手術を検討する基準は患者側にある
 ばね指の治療では、重度の症状になると、手術療法による治療でしか完全に治す事が出来なくなります。しかし、重度の症状に至らないケース…(続きを見る)

腱鞘切開手術の治療効果について
 腱鞘切開手術は、ばね指の治療に関しては現在のところ大きな治療効果が認められております。前項で解説したとおり、ばね指の保存療法による完治率…(続きを見る)

手術と関節注射の選択について
 ばね指の治療では、保存療法と手術療法の2つの治療法があります。また、手術を行う前に症状が軽いケース…(続きを見る)

内視鏡手術(関節鏡手術)とは?
 ばね指の手術では基本的に、皮膚を切開し直接腱鞘の癒着を取り除く腱鞘切開手術を行うのが通常…(続きを見る)

内視鏡手術の特徴について
 内視鏡手術(関節鏡手術)の最大の特徴は・最小の傷口・最小の手術時間・最短の私生活への復帰などを可能とし、患者への日常生活への負担を最小限…(続きを見る)

ばね指の内視鏡手術の手順について
 ばね指の内視鏡手術の手術内容についてご説明します。ばね指の内視鏡手術では、以下の手順にて手術…(続きを見る)

乳幼児・子供のばね指について
 ばね指は成人女性に多く発症する傾向にありますが、稀に乳幼児や子供にも発症するケースが見られます。これらの子供のばね指は使いすぎなどの原因…(続きを見る)

乳幼児のばね指の特徴について
 乳幼児がばね指を発症するケースでは、成人のばね指症状と異なる症状を発症するケースが確認されております…(続きを見る)

乳幼児・子供のばね指の治療法について
 乳幼児・子供のばね指の治療は基本的に、指を強制的に伸ばした状態を装具などで維持する装具療法と呼ばれる治療…(続きを見る)

手術後のリハビリテーションについて
 ばね指の手術後は、リハビリが非常に重要な要素を占めます。これは、ばね指を発症している場合、通常長年…(続きを見る)

リハビリテーション期間について
 手術後のリハビリにおいては、切開部位が合わさるまでは、軽い指の運動にとどめる事が重要です…(続きを見る)

可動範囲の低下を予防する
 手術を行った病院でリハビリを実践するケースでは専用の医療機器を使用しながらリハビリを実践していくケースもあります。治療院…(続きを見る)

ばね指手術前の準備について
 ばね指の手術を行う事を検討している場合の豆知識についてご説明します。ばね指の手術は、通常の外科的手術…(続きを見る)

手術費用と保険の適用について
 ばね指の手術には一体どの程度の費用がかかるのでしょうか?ばね指の手術は、一部血液検査費用を除いては…(続きを見る)

手術費用の内訳について
 ばね指の手術費用の詳細は、手術費用が20500円、そしてこの費用にその他の費用が合算され…(続きを見る)

妊婦はばね指を発症しやすい?
 妊娠中の妊婦がばね指の症状を訴えるケースは非常に多くあります。女性は元々、男性よりもばね指を発症しやすい傾向…(続きを見る)

妊婦は抗炎症剤の使用に注意が必要
 妊娠中や母乳を与えているお母さんの場合は、風邪薬などに限らず使用できる薬が限られてきます。その為、炎症が進行している段階でも抗炎症作用…(続きを見る)

指の朝のこわばりが特徴
 女性の場合、指の痛みが大きな負担となるのは、毎日の料理や選択などの家事であることは間違いありません。この指の痛みの多くは朝方に指のこわばりとなって症状…(続きを見る)